結婚式にために衣装やプレゼントの計画を立てることが必要です

心からのメッセージを形に残すには

贈るポイントを踏まえる

結婚式に送る際のポイント

結婚式に出席できない場合や仕事関係の方で結婚の知らせを耳にした場合は、電報を手配します。電報サービスは非常に便利で、前日に注文しても翌日に配送してくれるサービスが一般化しています。とはいえ、結婚式の日程は前もってわかるものですので、早めに手配しておくことをお勧めします。なかには「早割」として、一定期間以前に発注することで割引が得られる場合もあります。 電報は、結婚式場に送付します。そのため、式場の住所はもちろん結婚式の日時にも注意が必要です。誤りのないように確認しましょう。当日着でも新郎新婦の目には触れますが、読み上げの段取りもありますので、前日着にするのが望ましいです。メッセージの宛名は新郎新婦お二人の名前を記載するのが一般的です。もし、新婦のみのお名前にするのであれば、旧姓を書くのが通例となっています。

プレゼントを添えた電報が人気

電報と一口に言っても、メッセージだけでなく様々な商品があります。ぬいぐるみ電報やメロディ電報についてはご存知の方も多いですが、ブライダルで特に人気を集めている商品があります。それがバルーン電報です。 バルーン電報とは、文字通り色とりどりの風船をアレンジメントしたものを送るサービスです。背の高いアレンジメントは特に華やかな印象を与えるため人気です。風船とぬいぐるみをセットにしてアレンジしたものや、プリザーブドフラワーを添えたものなど、様々な商品が出回っています。通常の電報に比べると4000〜10000円程度と若干費用は高くなります。しかし、新郎新婦の晴れの日に華を添えるとして人気を集めているのです。